首のシワは枕で変わる!?首のシワ予防と対策

首のシワは、年齢を感じさせてしまいますので、
出来れば作りたくないですし、出来てしまったら取りたいですよね?

首のシワが出来る原因として、寝る姿勢も関係してきます。

睡眠時間にもよりますが、何時間も同じ姿勢をしているので、
首にシワが出来やすい姿勢で寝ていたら、
どうしても出来てしまいますし、シワも深くなってしまいます。

そして、首のシワが出来るのは、枕によっても変わりますので、
一度自分の枕を見直してみると良いかもしれません。

首のシワと枕の関係

あなたの枕はどんな枕ですか?

その枕で寝るとぐっすり眠ることが出来て、
目覚めも良いでしょうか?

今の枕を使っていると、肩凝りがしたり、
頭痛もすることがあるということはないですか?

それは、もしかしたら相性が悪いのかもしれません。

枕で首のシワの原因になる?

枕が首のシワの原因になっていることに気付いていない人は
たくさんいます。

高い枕で無理して寝ている人もいると思いますが、
顎を引いた状態で寝ていることになりますので、
それを毎日続けているとシワが出来てしまいます。

とはいえ、低い枕だから良いということでもありません。

低い枕で寝て、なんだか頭が付かれるなと思ったこと、
あるかと思います。

枕は、その人その人によってぴったりなものがありますので、
良い睡眠を取るためにも、首にシワが出来ないようにするにも
きちんと選ぶようにしましょう。

枕で首のシワ対策をしよう

現在使っている枕が高いなと思ったら、
ちょうど良くする方法があります。

肩の部分をちょっと高くして枕に合わせると良いので、
肩の下にタオルなどを置いて調節すると良いですよ。

反対に、枕が低すぎるという時は枕にタオルを巻いたり、
枕の下にタオルを置いて調節しましょう。

何度も寝て試してみると良いですよ。

そして、タオルやバスタオルを枕にするという方法もあります。

自分にぴったりの高さにすることが出来るので、
おすすめです。

二つ折りにしたバスタオルをくるくる巻くだけで
作ることが出来ます。

これを肩の下に置いて寝るだけです。

この時のポイントとして、頭ではなく方の下に置くことです。

もしも、首とタオル枕の間に隙間が出来てしまっていたら、
タオルをもう一度重ねて隙間をなくすようにすると良いですね。

タオルの巻き方や高さなどを調節すれば、
枕の硬さや厚みを自分に合わせるようにしましょう。

なかには、枕なしで寝るのが一番楽、という方もいますが、
誰でも当てはまるわけではなく、枕なしの方が苦しい方もいます。

その場合は、枕がなくても首のシワは出来てしまうので、
無理に枕なしで寝るのは止めましょうね。

自分にぴったりな枕をいろいろと試してみて下さいね。