首のしわ はボトックスで治療!副作用と即効性

首のしわは、年齢を感じさせてしまいますので、
出来ればない方が良いですよね?

でも、一度出来てしまうと簡単に取ることが出来ないのが
首のしわです。

首のしわを簡単に取るには、ボトックスが良いと言われていますが、
実際はどうなのでしょうか?

即効性はあるのか、副作用はあるのか、調べてみましたので、
参考にしてみて下さい。

首のしわにはボトックス!

しわを改善するには、美容整形でのボトックスが良いというのを
耳にしたことがあると思います。

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出した成分のことで、
これをしわなどが気になる部分に注射をして改善効果を期待します。

ボトックスの即効性は?

ボトックスは、筋肉の働きを弱める作用があるので、
麻痺や痙攣という症状に困っている方にも効果があるそうです。

首のしわにも効果があるのですが、
全てのしわに効果があるわけではなく、主に縦じわに効果があります。

残念ながら、首の横じわにはあまり効果が望めません。

細い針の注射器によって、しわの筋肉に注射をします。

注射をした部分の筋肉を和らげてくれますので、
周辺の筋肉がそれをかばうように引っ張りあうようになり、
しわが伸びる、という仕組みになっています。

即効性の面で考えると、ボトックスをしたからと言って
即日で効果を感じることはほとんどありません。

だいたい、3~7日ほどで肌にハリが出てきたな、というように
効果を実感するようになるようです。

持続性はボトックスを行ってから、
1ヵ月~1カ月半くらいとのことです。

ボトックスの副作用とは?

ボツリヌス菌由来のものなので、食中毒があるのでは?
と心配される方もいるようなのですが、ボトックス製剤にする際、
毒素はしっかりと取り除かれていますので大丈夫です。

主な副作用として言われているのは、
痛みがある、注射跡が出来る、皮下出血が起きるということです。

この症状は、わりとすぐに治まる方が多いです。

それから、ボトックスを行うと、局所顔面神経麻痺が起きたり、
顔に違和感がある時があります。

軽い風邪をひいたような状態になることもあります。

どれも、必ず誰にでも起きることでもありませんし、
個人差があります。

ボトックスは、もともと健康な体の方が行うものですので、
妊婦さんや授乳中の方は行ってはいけません。

そして、再度ボトックスを行う時は、
3ヵ月以上経ってからにしましょう。

抗体が体内に出てしまい、効果を実感することが出来なくなることが
ありますので、気を付けましょう。

首のしわを解決するには、ボトックスは効果的ですが、
副作用などもありますので、気を付けて行うようにしましょう。